BRAVDOのワインは、地中海から近いテルアビブ南東Samsonワイン地域の、Judean Plain丘陵、Karmei Yosefワイナリーで生産されています。

その分野のリーダーであり、世界的に認められている二人の偉大な科学者による合弁企業です。

まず、Ben Ami Bravdo教授は、研究、革新、リーダーシップを持ち、イスラエル人全世代に葡萄畑でワインを作るよう促した、イスラエルの葡萄栽培に関する権威です。又、彼はエルサレムのヘブライ大学のブドウ栽培学の教授です。一方、Oded Shoseyev教授はワインの香りの研究に特化して、その家族は1882年以来の葡萄栽培者です。彼はエルサレムのヘブライ大学でバイオテクノロジー教授を務めています。彼らは、イスラエルのワイン革命において重要な役割を果たしました。

Bravdo-Karmei Yosefワイナリーは最良な位置にブドウ畑を展開し、

年間8万本のボトルを生産しています。

イスラエルの数少ない本物のワイナリーのひとつです。

Ben AmiとShoseyev家族によって2001年に設立され、Ben Ami Bravdo教授の名前にちなんで名付けられました。

ワイナリーの命題は、農業研究と最先端のワイン製造技術の科学的卓越性を、

より優れた健康特性を持つ高品質のワインにと成就することです。

Bravdoは、イスラエル、海外での優れた第三者認定を取得している、イスラエル最高のブティックワイナリーの1つです。

Bravdoを代表するRich Fuchelliは、最も最先端の農業によるイスラエルを代表する輸出品です。